フィンペシア

フィンペシアを通販で購入する際に注意しておくこと

フィンペシアの基本知識

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)に有効な成分フィナステリドが1mg配合された抜け毛を減らす治療薬です。現在、日本の医療機関で処方されるフィナステリド配合の医薬品は、実は万有製薬のプロペシアのみになります。

医療機関でのプロペシアによるAGA治療は保険適用外のため多大な費用がかかります。そのためプロペシアと同等の有効成分が配合されたフィンペシアを、個人輸入代行業者を介して通販にて購入される方が増えています。

■ 1年間の費用参考表 ■

プロペシア処方 フィンペシア通販
1錠250円×365日 1錠32円×365日
91,250円 11,680円

上記のように、フィンペシアを通販で賢く購入することによって、AGA治療にかかる費用を1/8程度に抑えることが可能となります。

それが、フィンペシアが通販で人気になっている最大の理由です。

フィンペシアの最安値はどこ?

インターネット上ではフィンペシアを通販(個人輸入代行)をしている業者が数多く存在します。その中にはとても信頼性に欠けていたり、『偽物では?』と疑ってしまうような業者もありますので、通販ショップを選ぶ際には注意が必要です。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックではない!?

フィンペシアは、俳優の高橋秀樹さんのCMによって広く世間に認知されたプロペシアのジェネリック医薬品ですが、その普及率は他の先進国(アメリカ71%・カナダ65%・イギリス60%、他3~5割程度)に比べて日本ではまだ20%程度と少なく、医療費抑制のため厚生労働省主導により普及が進められています。

ここで、ジェネリック医薬品の定義をおさらいしておきますと、新薬の特許権が終わり、新薬と同じ有効成分を含有し、同等の効能・効果、安全性・有効性が期待できる後発医薬品のことを指します。

プロペシアはアメリカのメルク社が開発した先発医薬品であり、その特許期間は2019年まであります。しかしインドでの特許法は製薬工程のみに適用されるので、この期間を経過していない先発医薬品と同等の有効成分を含有した後発医薬品を製造することが可能となっています。

そのインドで世界170ヶ国に製品を輸出している国内第2の製薬メーカー「シプラ」が製造したのがフィンペシアです。よってプロペシアの特許期間を経過していないフィンペシアは正式なジェネリック医薬品ではありません。しかしその成分・効果・安全性などの観点から、一般にジェネリック医薬品として認識されています。

プロペシアで効果がなければフィンペシアでも効果はない。

前途で確認いただいた通り、プロペシア同等のAGA有効成分(フィナステリド1mg)を含有しているフィンペシアはプロペシア同等の効果が期待できますが、逆に同等の成分であるがゆえ、それ以上の効果はありません。

よって、プロペシアによるAGA治療で効果がなかった方の場合、フィンペシアを試してみるというのは意味がありません。

あくまでもプロペシアで効果があった方、抜け毛が減ったなどの実感された方が、長期服用に伴う費用を抑えるための目的として、フィンペシアの使用を始める方がほとんどです。

フィンペシアを通販で購入する際の注意点

フィンペシアに限らず医療薬などを通販で購入する際には「返品ができない」、利用に際して「全て自己責任になる」、ということを確認しておく必要があります。

現在世界で流通している医療品の約10%が偽物であることからWHO(世界保健機関)も注意を促しています。

偽物の流通経路として医療機関からの処方箋から出回ることは考えにくく、その大半がインターネットなどの通販などによるものと推測されます、これが信頼できる通販ショップを選ぶ必要がある最大の理由です。

フィンペシアの偽物の存在について

AGA治療も盛んになり需要が多くなると、それに比例するかのように偽物も増えてきます。しかしフィンペシアのように単価の安い薬では偽物を製造するにもコストが見合いません。

ED治療などに用いられるバイアグラなどの高額医薬品の場合は、より「偽物・粗悪品」についての注意が必要になります。

本物と偽物の見分け方

通販ショップなどの医薬品が「本物なのか?偽物なのか?」を、画像や説明書から判断することは難しいでしょう。偽物や粗悪品を扱っている業者が、「当社は偽物を扱っています。」などと表記するハズがありません。

購入を考えているフィンペシアが本物なのか、またキノリンイエローが入っていないか、それを判断するためには、成分鑑定をしている業者であることを確認する必要があります。

しかし成分鑑定を行っているという表記だけでは、まだ信憑性に欠けます。そこでショップのサイト上に、実際の成分鑑定書を掲示しているかしていないか?が重要です。

HOME